子供の身長の悩み

こういう子供の身長の悩み、ありませんか?

うちの子供は小さな時から身長が低いせいで心が凹んでいる

子供に対しての悩みに種に、身長の高さが存在します。

女性ならば、まあ低くても可愛いという理由で許されますが、男の子のケースではかなり気になると言わざるを得ません。

 

自分の知り合いの人でも、もともと身長が低いお父さんは想像以上に心配事があるようです。

「もっと身長を伸ばしていってほしい!」とぼやいていますよ。

 

身長が低いとスポーツするのも不利だし、女の子にももてない…

いま、振り返って情けない経験ばかりをしてきたので、子供ことを願うなら同じ苦い経験をさせたくないのが親心というもの。

 

分かる、分かる、その気持ち!

そう共感してくれる人も多いかと思います。

同じように身長が低いと頭を抱えている子供もいるのではないでしょうか?

 

なので今回は、そういった悩みを解決するために、子供の身長の伸ばすために親ができることが何かを紹介していきますね。

 

では早速行ってみましょう。

子供が身長が伸びるかどうかは、一体何で決まると思います?

 

正しく言うと複数の理由が存在します。

それは、遺伝栄養運動生活リズム

この4つが存在します。

 

そのうちの一つ、遺伝はあまり関係がないかと思われます。

遺伝によっての直接的な子供の身長伸ばす影響力は20%ぐらいだからです。

もっとパーセンテージが大きいと思っていませんでしたか?

なので、子供の身長が伸びるかどうかは、遺伝以外の力が大きいというのを覚えておいてください。

 

では、遺伝以外のことで身長を伸ばすのに影響があるとすると、栄養と運動と生活リズム。

この3つを効果的に日常生活にうまく取り入れていけば、子供の身長を伸ばすのにふさわしい成果が出てくるでしょう。

 

 

では、まずは栄養から行きましょう。

やっぱり子供の身体を作るのは食事ですからね。

いつもの食事が身長を伸ばすのに大きく影響するというのは間違いないことです。

 

ただ、ちょっと前までは、カルシウムが大事という考え方が一般的でしたが。

骨を強く太く固くしても骨を伸ばす効果は、それほど期待できないんです。

結局は骨が伸びていかないと、身長も伸びませんからね。

 

 

では次に運動を見てみましょう。

運動といってもがむしゃらに体を動かせばいいものじゃありません。

適度な運動。

これが大切です。

 

バレーボールバスケットボールがおすすめ。

 

 

あとは生活のリズム

そのなかでも睡眠は大事

身長を伸ばすためには睡眠は必要不可欠です。

 

成長ホルモンが関係してきます。

成長ホルモンは骨を成長させたり筋肉を上達させたりしていきます。

成長ホルモンは午後22時から午前2時に一層も多く分泌されることを覚えておいてくださいね。

 

 

つまり、まとめると、バランスの良い食事、適度な運動、充分な睡眠時間が必要となります、子供の身長を伸ばしていくには。

うまく生活習慣の中に取り入れてみてください。